経営方針は3つの柱でできているJトラスト

経営を上手く乗せて運営をしていくには、経営方針や基盤がしっかりとしていなければ、業績も上がりませんし、社員の向上もありません。
ひとえに、写真を教育するにも経営の基盤を盤石にさらに強化をしていくことで成り立っていきます。
藤澤信義氏はJトラスト株式会社の社長となり、グループを束ねるトップリーダーでもあります。
経営をするからには、方針を3つの柱を立ててそこから事業部へと繋げていきます。
1つ目は、事業基盤の強化であることです。
M&Aと債権買取の推進をすることにより、事業の基盤の整備と強化をすすめています。
今後も更なる強化を図るようにし、国内だけでなく海外でも債権を中心に資産規模を拡大して行く事をしています。
2つ目は既存事業の再構築です。
これまで行ってきた事業をそのまま継続するだけというわけにはいきません。
強化することでイノベーションの推進をしていきます。
債権を中心に保証残高を積み上げていくだけでなく、販売や商品展開をしていくことで構築して行きます。
3つ目は新事業の推進です。
これまでにない発想をすることで、新たなる展開をしていきます。
海外市場へ新たなる事業を置き、そして挑戦をしていく事が大事なのです。