後遺障害で誤った認定を受けていませんか?

交通事故で後遺障害に悩んでいる方はいませんか?
なかなか遭う確率は高くないように思いますが、その分体へのダメージは計り知れないものであると思います。
また、後遺障害の認定においても納得のいかない結果になってしまうことは少なくありません。
そんな時に活用したいのが「異議申立」という方法です。
では異議申立のメリット、方法についてここで簡単にご説明したいと思います。

まず、年間約6万件の後遺障害認定のうち、実に1万件以上の異議申し立てが行われているということをご存知ですか?
障害認定されると通院時の治療費や、休職していた分の休業損害が補償されますが、治療が終了するとこれらの補償はストップしてしまいます。
例えそのあとでまた症状が出たり、会社を休まざるを得なくなってしまったとしても、です。
後遺障害は主に書類での審査になるため、もしも記入漏れや症状の見落とし、必要書類の不備があった場合、補償額には大きな差が出てしまいます。
異議申立はこの時に登場するのです。
このページでご紹介している「後遺障害サポートドットコム」では経験豊富な弁護士による異議申立書の作成から、解決に至るまでしっかりとサポートしてくれます。
無料相談を受けることができるので、お悩みの方は相談してみてはいかがでしょうか?

MENU